FC2ブログ

- 麹屋本舗 富山の小さな麹屋から (法野麹店のブログ)
あなたの食卓の縁の下の力持ちでありたい。創業100年以上 富山の麹店の店主が思いを綴ります。麹、塩こうじの通販も行っています。

麹屋本舗 富山の小さな麹屋から (法野麹店のブログ) ホーム » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日このくらいの人が街中を歩けば、もうちょっと街も活気づくと思う

5月26日土曜日 百縁商店街 

街の中をたくさんの人が歩くのは 人力車による結婚のお披露目以来かな
このくらい人が歩いてくれれば、街も活気づくと思うのだが、現実は・・・

今回も、当店しっかり参加させていただきました。それも2店舗   反則かな?
麹屋の当店は これから夏に向けて 栄養満点(点滴並み)の甘酒となんと超熟
味噌を100円で販売しました。あと、イベントの時にしか出さない甘酒を使った
人気の「茄子のからし漬け」「麹納豆」・・・

P1010597.jpg

なんといっても、お客様に喜んでもらえるのが一番の励みになりますね。

それともう1店  妹が作っているビーズアクセサリーのお店。
さすがに100円のものは売ってませんが、結構お客様が立ち止まって見てくださる。
麹屋の前でもそんなに違和感なく並んでます。こんな感じです。

P1010595.jpg

アンチエイジング効果のある甘酒を飲んで、美白・夏バテ予防など身体の中からきれい
になり、アクセサリーを着けてもらう。(苦しいこじつけ)

お客様が喜んでみていかれたので、とりあえずGoodということで・・・

新しく「コラム 気ままに麹縁」のコーナーをつくりました

新しく「コラム 気ままに麹縁」のコーナーをつくりました。

その時々のタイムリーな麹の話や 麹を通じてご縁をいただいたお客さまからの
『レシピ』『お問い合わせQ&A 』『思ったこと』etcを気ままに書き綴るコーナーです。

応援コラムニストの方も募集しています。麹を使ったレシピなど 何か書いてもいいよと
思われる方ぜひご連絡お願いします

コラムニストはとてもとてもと思われる方、もっと簡単に考えていただき「自慢レシピ」
「こういう風に使ったら美味しかったよ」とメールをいただければ こちらでアップさせ
ていただきます。

まずこちらを クリックして下さい。
コラム 気ままに麹縁

今人気の  甘麹(糀) と 甘酒の素(濃縮甘酒) は 同じもの

塩麹にはじまり、醤油麹・トマト麹・酢麹・味噌麹 など 次々と新商品???がでてき
ています。そしてここのところ ひそかにブームになりつつあるのが、甘麹です。

お客様がいらっしゃって、「最近甘麹がブームなんですってね」 と言ってくださる。
「甘麹って、麹に砂糖を入れて 水を入れて 2週間ほど毎日まぜておけばできるがけ?」

おいおいおい
確かに塩麹をはじめ今までのパターンを考えるとそうなるかもしれない。
塩麹 塩+麹+水   醤油麹 醤油+麹   酢麹 酢+麹   味噌麹 味噌+麹
だいたいこんな感じである。

甘麹 砂糖+麹+水 なんか出来そうな気になってくる

違う違う
これだけは全く別物で、ご飯と麹とお湯を入れて55度前後で約10時間保温する。
そう 知っている方はみ~んな知っている

甘麹の正体 判明
110.jpg


甘酒 濃縮甘酒 甘酒の素

そう 砂糖を使わずに、砂糖並みの甘さというか、もっと身体にもお口にも優しい甘さ 
調味料として砂糖の2倍の量を使えば砂糖いらずしかもカロリーは30~40%オフ。

甘酒の素にはたくさんの栄養素が含まれており、
ブドウ糖・食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・オリゴ糖・グルタミン
などなど 病院で使われている点滴にも匹敵します。
  
地元の方は  かぶら寿しの文化があり、み~んな甘酒の素を使っています。
自分で甘酒の素を作っている人もたくさんいらっしゃいます。
でも、先ほどの会話はいつも作っていらっしゃる人の言葉なので、やっぱり皆
さんへのPR不足・説明不足を実感しました。

お客様の声 アップしました

皆さんからたくさん応援のメッセージをいただきありがとうございます。
お客様の声 アップしました。 どうぞホームページにお立ち寄りください。
http://hounokoujiten.jp/

麹の単位は、枚 それとも グラム

当店で売っている麹の袋 450g入り 450円
中途半端やな~   ふつう500g入り 500円やろ

 
 麹は、蒸米に麹菌を植え付けて、30℃位 湿度 90%強の高温多湿の麹室で育
てます。最後に写真のような麹蓋に1枚1枚丁寧に盛り込みます。その1枚に入って
いる量が1升です。翌朝、麹になった時点で麹室からだすのですが、高温多湿の中か
ら出てくる「麹」は湯気が出ています。ということは、同じ1升の麹ですが水分が蒸
発してだんだん軽くなるのです。室から出した麹を置いておくと、季節にもよります
が1枚1kg弱あったものが、800g弱になることもあるのです。中身が同じなのに、水
分だけで値段を違わせる訳にはいかないので、重さは関係なく、1枚 半枚という単位
で販売していました。
ところが、現在ほとんどの料理レシピはグラム表示になっています。これに対応しよ
うとすると、袋詰め販売で1番いい状態の半枚が450g前後ということで、この時点で
袋詰めし、今までの半枚を450g表示にして販売しているわけです。

008.jpg

もちろん、今でも当店に買いに来られるお客様は、麹○○枚という注文をされる方が多
いわけで、両方に対応するために450gでの販売になっているのです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。